ボランティア作業について

入笠ボランティア協会は年5回全体作業を行ってます。
全体作業はたくさん人手を必要としますので、ご都合が許す限りたくさんの協会員のご協力をお願いします。
昨年度「日本山岳遺産」として入笠山が認定されました。その名誉に恥じないよう活動してまいりたいと思います。
2018年の年間活動計画

入笠ボランティアの活動は全体作業以外に、いつでもご都合の良い日を選んで作業をすることができます。
個人での作業にあたって幾つか注意点を紹介します。

《期間》 4月末〜11月末 (富士見パノラマゴンドラの運行にご注意ください)

《交通手段》
●ゴンドラ利用の場合 チケット売り場窓口で会員証を提示してください。乗車券を割引料金で購入できます。約10分間で山頂駅へ。
●自家用車利用の場合 例年登山シーズンはマイカー規制が行われます。詳しくは富士見町へお問い合わせください。

《作業》 帰化植物の除去やゴミの回収など
●作業を行う場合は「山彦荘内ボランティア事務局」へお越しください。
作業の内容についの指示を仰ぎ、「作業日誌」に必要事項を記入します。
「入笠ボランティア協会」の腕章を受け取ってください。
湿原や登山道わきに立ち入ることもあるので必ず着用してください。
(ボランティア協会のジャンパーをお持ちの方はそちらを着用してください)
作業内容に合った道具を借りてください。
作業が終了したら作業時間など必要な事柄を「作業日誌」に記入。腕章や道具を返却して作業は終了です。
※ゴンドラへの往復路、山頂への登山道などゴミの回収もお願いします。

山を1日楽しみながのモデルプランをご紹介します。
5-2017

作業はご自身の予定に合わせて柔軟に行って頂けます。
季節ごとに多彩な顔を見せてくれる入笠山の自然に触れながら、山を楽しみながら気軽にご参加下さい。
会員皆さんの小さな活動が積み重なって貴重な自然を守ります。
よろしくご協力お願いいたします。


Comments are closed